はじめてのプロペシア体験

世界初の医師が処方する内服のAGA治療薬です。世界60カ国以上で承認されており、AGA治療薬といえば「プロペシアだ」ってイメージする方も多いかと思います。この治療薬が登場したことで、AGAは正式に病院で治療できるようになりました。

AGAに効く売れ筋の薬名はプロペシア

AGA対策向けの商品の中でも特に売れ筋とされているのがプロペシア。なお、プロペシアというのは薬名であり、有効性のある成分はフィナステリドです。その為、フィナステリド錠と呼ばれることもあります。
売れ筋になっている理由はAGAに対しての有効性が確認されているからです。臨床試験も実施され、そして被験者の発毛効果が確認できている為に効果のある薬として注目されています。れっきとしたAGA治療薬として扱われ、病院での治療の際にも実際に利用されているのです。
ただしプロペシアについて誤解される点もありますが、よくあるのがこの薬を服用すれば生えると思われることです。毛生え薬のように言われることもありますのでそうした誤解を生んでしまうのですが、プロペシアは厳密には毛生え薬ではありません。
有効成分のフィナステリドが作用するそもそものメカニズムは、脱毛物質を阻害することであり、それによって髪の毛が生え易くなるというものです。要はプロペシア自体には発毛作用はありません。あくまでも脱毛物質を抑制する作用だけに特化しており、発毛作用のある成分は配合していないのです。服用することで発毛するケースもありますが、それはプロペシアの直接的な作用によるものではなく、発毛環境が改善されたことによる回復と言えるでしょう。
発毛作用を持っていない薬ですからできるだけ発毛剤も併用するのが良いとされています。そしてよくセットで使用することが推奨されているのがミノキシジルという発毛成分であり、両者を併用するのが最も効果的なAGA対策とされているのです。プロペシア単体に頼り切りですと回復が難しくなることもありますので注意した方が良いでしょう。