はじめてのプロペシア体験

世界初の医師が処方する内服のAGA治療薬です。世界60カ国以上で承認されており、AGA治療薬といえば「プロペシアだ」ってイメージする方も多いかと思います。この治療薬が登場したことで、AGAは正式に病院で治療できるようになりました。

気になるプロペシアの副作用とは?

頭髪は人の印象に大きな影響を与えます。
特に男性の場合では、年齢と共に抜け毛が進行してゆく場合が多いので、こうした頭髪トラブルの改善は、非常に重要なファクターであるといえます。
現在では抜け毛薄毛のメカニズムは、かなり細かく解明されており、遺伝子レベルで原因が突き止められています。
こうした研究成果によって、薬によって抜け毛などの症状を改善することができます。
プロペシアはこうした医学的な根拠に基づいた、最も有効なAGA治療薬の一つです。
AGAの治療薬にはプロペシアとミノキシジルの二つがあります。
ミノキシジルは外服薬で、頭皮に直接塗布すすることによって血行を改善し、抜け毛を防ぎます。
一方、プロペシアは内服薬で、体内のホルモンバランスに作用し抜け毛の原因物質の精製を根源的にシャットアウトします。
原理的にはプロペシアの方がミノキシジルよりも原因に近いところを抑えているので、非常に強力な効果を得ることができます。
しかし、こうしたプロペシアはミノキシジルと比べて幾つかの副作用が見られています。
プロペシアのメカニズムとしては、AGAの原因となる男性ホルモンの機能を抑制することです。
なので、当然、ホルモンに由来する体の現象はこの薬によってそれなりの変化を受けます。
EDなどの男性機能の低下はプロペシアの副作用の代表的な例であるといえます。
また、プロペシアの機能は男性限定のものなので、もし女性が服用してしまうと大変な事態になります。
その場合は、奇形児の出産可能性が高まったりなど多くのデメリットをはらむので、男性としては取り扱いにも最善の注意を払う必要があります。
こうした薬の負の面をきちんと理解することも重要です。