はじめてのプロペシア体験

世界初の医師が処方する内服のAGA治療薬です。世界60カ国以上で承認されており、AGA治療薬といえば「プロペシアだ」ってイメージする方も多いかと思います。この治療薬が登場したことで、AGAは正式に病院で治療できるようになりました。

プロペシアの主成分は安全なのか

プロペシアはアメリカのメルク社という企業が開発したAGA(男性型脱毛症)改善のための薬品で主成分じゃフィナステリドと呼ばれるものです。
販売から現在までで60ヵ国以上でしっかりと承認され販売されている薬品です。
日本でもMSD株式会社が行った臨床実験安全が確認され厚生労働省から認可を受け2005年から販売されています。
プロペシアの有効成分であるフィナステリドは5α還元酵素阻害薬と言われる薬品である前立腺肥大効果のある薬品であるプロスカーで使用されていた成分です。
男性型脱毛症の原因と言われているのはDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる物質なのですが、この物質はテストステロンが5α還元酵素と反応する事で発生します。
フィナステリドはこの5α還元酵素の働きを阻害する効果があるため、AGAの原因であるDHTの発生を押させることが出来るのです。
ただし、即効性のある薬品ではなく数年間継続して利用することを前提として考えられている薬なので、継続利用した場合での安全性十分確認されています。
ただし、これはプロペシアに限った話ではなく薬全般に言える事ですが、どのような薬であっても副作用というのは存在します。
このプロペシアにも副作用が発生する確率が利用者全体から見て2%から5%ほど発生する事がわかっています。
症状としては、勃起不全や性欲が減退するといった男性機能が低下するような症状が多いようです。
現状では重大な副作用として肝機能障害発生する可能性があるとの報告がありますが、肝機能障害リスクのある薬はこれ以外でも多く存在しますので、プロペシア特有の副作用というわけではなく薬という者を使用する際に必然的に生じるリスクであると考えた方が良いでしょう。