はじめてのプロペシア体験

世界初の医師が処方する内服のAGA治療薬です。世界60カ国以上で承認されており、AGA治療薬といえば「プロペシアだ」ってイメージする方も多いかと思います。この治療薬が登場したことで、AGAは正式に病院で治療できるようになりました。

ひざの脱毛とカップめんの食生活とプロペシアの効果

脱毛サロンでの脱毛対象部位の中には上側と下側と言った具合にパーツを分けているケースが在ります。
例えば、足の脱毛の場合、膝を中心としてひざ上、ひざ下、そして膝と言う3つのパーツに分けていたり、これに加えて足の甲や指と言うパーツに分けられているケースも在ります。

足と言う部位は身体の中でも広範囲となるため、ひざ上やひざ下の2つに分け、更に足の甲や指を別のパーツとして脱毛の施術を受ける事が出来るようになっています。

また、このようにパーツを分類することで希望部位だけを脱毛することが出来ると言うメリットが在ります。

尚、脱毛は毛周期に合せて何度か繰り返し施術を受けることでムダ毛の量が減るのが特徴です。
これは毛周期の中でも成長期に入っている毛だけが処理されるからで、施術を受けた時に休止期や退行期に入っている毛の組織機能を停止させたり、機能を低下させることが出来ないからです。

AGAと言う男性型脱毛症の症状は、成長期の期間が極端に短くなるのが特徴です。
通常髪の毛と言うのは5年から7年の成長期が在りますが、男性型脱毛症の症状は僅か3か月で脱毛へ導いてしまう事になるのが特徴で、プロペシアと言う医薬品を使う事でヘアサイクルを正しくすることが出来るようになるため、途中で脱毛すると言う事が起きなくなります。

尚、AGAやその他の薄毛にはそれぞれ原因が在りますが、食生活なども関与している事が多く在るのが特徴です。
例えば、カップめんは便利な食品ではありますが、塩分が多く含まれており、カップめんばかり食べていると体への悪影響が起きやすくなります。

また、栄養が十分摂れないため、髪の毛への影響供給にも悪影響を与えてしまう事からも、食生活の改善を行う事も薄毛対策には必要です。